毛抜きが原因でわきがになる?

毛抜き
毛抜きでの脇の処理というのは刺激が強くあまりおすすめできる方法ではありません。

 

毛抜きのせいでわきがが発生するという説もありますが、わきがの原因はアポクリン汗腺という汗腺です。

 

これは遺伝によって持っている人と持っていない人がおり、アポクリン汗腺を持たない人はわきがになることはないのです。

 

生まれつきの体質のため毛抜きを使ったからといってわきがになったということはないのです。

 

 

ただ、強引に毛を抜く行為は毛穴や毛根への刺激となります。
もちろんアポクリン汗腺も刺激してしまう結果となり、汗腺の働きが活発化され脇汗の分泌量が多くなってしまうのでニオイが強くなってしまうことはあるでしょう。

 

 

それを防ぐために毛をそのままにしておくというのも良くはありません。

 

毛はニオイを閉じ込めて強くする働き・溜め込んだニオイを遠くに飛ばす働きがあり、周りの人にばれてしまう確率が高まってしまうのです。
脇から出てきた皮脂が腋毛に絡みついて不衛生な状態にもなります。
毛がなくなると脇が乾燥しやすくなり汗をかきにくくなります。
ニオイが外に分散されるためニオイを抑えることにもつながります。

 

専用器具や脱毛サロンを利用した方がよいでしょう。
せめて抜くのではなく安全かみそりなどで剃る方がお肌への負担は少なくて済みます。

 

男性も、女性のようにツルツルにすることには抵抗があるでしょうが、清潔感をたもつためには雑に伸びきった腋毛を短く切って通気性をよくした方がよいでしょう。