10代女子のわきが改善対策方法。小中学生、高校生など

最近10代の女子の間でもわきがが増えています。
10代女性
学校に通う小中学生や高校生などは、思春期ですし非常に辛いものです。

 

そこで、10代の女子でも、手軽に改善できる方法を説明していきましょう!!

 

まず人間の汗にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類あり、脇汗が臭うのはこのアポクリン汗腺が原因です。

 

ただし、皮膚上に分泌されてから、脂分と混ざって雑菌によって分解・酸化されたことによって臭ってくるので、そこを改善することで臭いを抑えることが出来ます。

 

そのためにはまずは、ムダ毛の処理をきちんとすることです。

 

伸びたままだと細菌が繁殖しやすくなるので臭いの原因になります。

 

 

次は、制汗剤を使用することです。

 

臭いが強い場合は、塩化ベンザンコニウムが入ったものが有効です。

 

ただし、制汗剤を肌に残したままにすると、細菌が繁殖したり色素沈着やかぶれの原因にもなるので、湿ったタオルでふき取ったりシャワーで洗い流したりして、しっかりと落とすことも大事です。

 

 

次は、通気性の良い服を身に付けることです。

 

脇汗がシャツに染み込むと臭うので通気性の良さも重要です。
下着は綿がおすすめです。

 

 

次は、肉類や乳製品を控えることです。

 

肉類や乳製品などの動物性脂肪は、アポクリン汗腺の働きを活発にするので、出来るだけ控えるようにしましょう。

 

 

わきがが気になる場合は、医師の治療を受けるという選択肢もありますが、まだ10代のうちは、これらの手軽に始められる改善法から取り組んでいくといいでしょう。