わきがの遺伝とわきが治療について

わきがの臭いは、アポクリン汗腺という汗腺から分泌される汗が原因です。

 

ですので、わきがの人はこの汗腺の量が多い傾向があります。

 

そして、アポクリン汗腺の量がどれくらいあるかは遺伝に影響されます。

なので、わきがに悩んでいる人の家族や親類では、わきが体質の人が多く見られます。
遺伝
両親がわきがだとどれくらいの確率で子供に遺伝するのかというと、片方の親の場合は5割、両方の親の場合は8割と言われています。

 

ただし、わきがが発症するのは、思春期以降なので、それ以前は遺伝しているかどうかは判断することができません。

 

なぜ思春期になるとわきがが発症するのかと言うと、思春期になると、性ホルモンの分泌が高まることで、アポクリン汗腺も発達するからです。

 

思春期はデリケートな時期なので、子供が一人で悩まないように寄り添った姿勢で接してあげることが大切です。

 

 

市販の制汗スプレーやデオドラント商品を使うのも対策の一つですが、根本的に治すには病院でわきが治療を受けるのが望ましいでしょう。

 

わきが治療は数多くありますが、最も有効と言われるのが剪除法です。

 

この手術では、わきの皮膚を2、3センチくらい切開し、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を目で確認しながら取り除きます。

 

この方法だと、わきがの臭いもなくなり、汗の量も減らすことができます。

 

健康保険を使うことができますし、医療費助成制度を利用すれば、小学生と中学生は無料で受けることができます。

 

ただし、高い技術が必要とされる手術なので、失敗するリスクもあります。
そのため、わきが治療を受けるなら、評判の良い医師がいる病院を選ぶことが重要です。